エネルギー環境教育に関する事業のご紹介

きいぱす「夏休み体験プログラム研修会」のお知らせ

福井県・美浜町エネルギー環境教育体験館「きいぱす」では、今年度、新たな取り組みとして「カーボンニュートラルに向けて 意識・知識・行動を育む」をテーマにした研修会を、8月24日(水)~26日(金)に開催します。本研修会は、全国の学校教員を対象に、きいぱすが考案した体験プログラムについて集中的体験研修を行うものです。関心をお持ちの皆様へご紹介ください。詳しい案内は以下のホームページを参照ください。

きいぱす「夏休み体験プログラム研修会」

第16回全国大会(島根大会・オンライン開催)のご案内

第16回全国大会を下記の日程で開催いたします。多くの方の発表をお待ちしております。

第3次案内をご覧下さい。学会主催シンポジウム・参加費払い込み口座等に追記があります。参加費の郵便振り込みの時の加入者名は「日本エネルギー環境教育学会」です。他の金融機関からネット振り込みの場合の口座名義人も「日本エネルギー環境教育学会」です。

第16回全国大会第3次案内(2022年6月6日更新)

発表申し込みは終了いたしました。たくさんの発表申し込みありがとうございました。参加申し込みは7月5日(火)まで受け付けています。

日時
2022年7月30日(土)、31日(日)
テーマ
原子力発電所立地地域で改めて考えるエネルギー環境教育
内容
7月30日(土)(時刻変更の可能性あり)
13:00~14:00 特別講演
14:10~15:40 学会主催シンポジウム
15:50~17:30 実行委員会主催シンポジウム
7月31日(日)(時刻変更の可能性あり)
9:00~16:00 研究発表(口頭発表と質疑応答)
申し込み
https://form.jaeee.jp/からお申し込みください。
発表原稿提出期間:2022年4月8日(金)~6月23日(木)
参加申込受付期間:2022年4月8日(金)~7月5日(火)(予定)
発表論文集は開催日までに間に合うように印刷製本して発表論文集届先住所に郵送いたします。発表原稿提出期間の〆切日にご留意下さい。これを過ぎますと、紙媒体の発表論文集には発表題名と名前の記載だけになってしまいます。
発表原稿テンプレート:発表原稿テンプレート(MS Word)発表原稿テンプレート(PDF)
参加費
一般・団体会員 2,500円
一般非会員 3,000円
学生・大学院生 1,500円(現職教員院生は除く)
発表論文集の追加購入 2,500円
参加費振込先
※送金の際は通信欄に「大会参加費」と明記ください。
ゆうちょ銀行振替口座:口座記号番号:00160-5-724411、加入者名:日本エネルギー環境教育学会
他の金融機関からネット振込の際は、以下の口座番号です。
銀行名:ゆうちょ銀行、店名:〇一九、口座番号:0724411、口座名義人:日本エネルギー環境教育学会
事務局・問い合わせ先
島根大学教育学部 栢野彰秀
〒690-8504 島根県松江市西川津町1060
Tel:0852-32-6307, E-mail:a_kayano@edu.shimane-u.ac.jp

2021年度特別シンポジウム開催のご案内

本学会の「特別シンポジウム」は終了いたしました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

2022年3月5日(土)に「特別シンポジウム」を開催します。今回は新型コロナ感染状況をふまえ、会場とともにオンラインでの参加の併用で行います。多くの皆さまのご参加をお待ちします。詳しい内容は以下を参照ください。

2021特別シンポジウム開催概要

電気新聞「2022年度エネルギー教育支援事業」の対象校が決定

電気新聞がこれまでのエネルギー教育賞に代わり来年度より開始する「エネルギー教育支援事業」の2022年度の支援対象校が決まりました。当学会では選定に協力するとともに、各校の活動の支援を行うこととしています。詳しい内容などは以下の電気新聞ホームページをご覧ください。

https://www.denkishimbun.com/event/enekyo_shien_kekka

日本エネルギー環境教育学会 実践委員会ワークショップ「専門家」と教育実践者の連携のあり方

50名弱の方の参加をいただきました。ありがとうございました。

  1. 開催主旨: 2019年の全国大会に開催したワークショップ「専門家と教育実践者の連携のあり方」の成果をもとに,今後の実践のあり方と学会との関わり方について意見交換するとともに今後のあり方を提案する。
  2. 日時: 令和 4 年 2 月 6 日(日) 13:30~16:30
  3. 形態: Zoom によるリモート形式
  4. 参加費: 無料
  5. 参加資格: 会員及び会員以外どなたでも
  6. 申し込み方法: 下記またはQRコードから申し込みお願いします。
    https://forms.gle/zu45CQA1xabxQuvE8

    締め切り: 2 月 3 日(木)
  7. プログラム
    開催にあたっての注意
    司会 小鍛治 優(きいぱす)13:30~13:45
    開催挨拶
    エネルギー環境教育学会副会長・実践委員会委員長 13:35~13:40 安藤雅之(常葉大学)
    講演1
    「『粘土』を核としたエネルギー環境教育活動と全国普及」 14:00~14:20 三木直樹(札幌市教育委員会)
    講演2
    副教材を活用した『かこがわクラブ』のエネルギー環境教育」 13:40~14:00 山本 照久(加古川市立加古川中学校)
    講演3
    「学会ホームページと SNS 活用の可能性」 14:20~14:40 出口 憲(常葉大学)
    休憩 14:40~14:55
    パネルディスカッション「その後の活動状況と今後のあり方」 14:55~16:25
    コーディネータ: 葛生 伸(福井大学)
    パネラー: 三木直樹(札幌市教育委員会),清水洋一(琉球大学),出口 憲(常葉大学),山本照久(加古川市立加古川中学校)
    閉会の挨拶
    高木浩一(岩手大学)
  8. 問い合わせ先
    日本エネルギー環境教育学会 実践委員会
    担当: 葛生 伸(福井大学) kuzuu@u-fukui.ac.jp

ワークショップ『「専門家」と教育実践者の連携のあり方』(2022年1月9日更新)